So-net無料ブログ作成
アンテナ ブログトップ
前の10件 | -

英語(学習)雑惑 [アンテナ]

僕も今年で40歳になる。英語にはコストをかけて学習してきたが、
自分が満足いくような成果は得られなかった。

仕事で使うこともあったが、今は全く使わない。使わなくなったとたんに、スキルも
やる気も衰える。劇的に。

語学の学習は住むのが一番だろう。周りに空気のように存在し、それで用を足し、
友人を作り、恋人とファックし、喧嘩して、仲直りして、お金が絡んだヤラシイ出来事に巻き込まれ、
そこで糧を得て、働き、娯楽を見つけなどという世界に入り、そこでそれらにコミットして没頭するしかない。

それはもう少し年齢を重ね、少し未来の自分が今の場所での生活に飽きてしまうのがいいかもしれない。
そう言われれば僕はもう今の生活には飽き飽きしているが、経済的には今の生活を続けるのが、一番
割りが良く安定している。少し退屈だが、安定している。お金で困ることがない。
それが何よりだ。若くないので、少々新しいことに億劫で臆病になっている面も否めない。

それでも、その時が来たらそうするし、そうなるだろう。
はい。

勉強2.0 向上とかでなく、時間潰しとしての勉強 [アンテナ]

うちの両親は、定年退職して、余暇ができた。定年前は、旅行に行きたい。
そば打ち道場に弟子入りして、そば打ちがしたい。お遍路行きたいなどなど言っていた。
しかし、いざ退職して、膨大な余暇を得たものの、大いにもてあまし、そして結局何もせず、
TVにくぎ付けになり、近所をうろつくだけで終わってしまっている。

体力および、気力が衰えてしまったのだろう。もう、やりたいことがなくなった。もしくはやりたい事が
あったのだけど、もはややりたくなくなってしまったのだ。生活に満足して悔いがなくなったのかもしれない。
なぜなら、そのような何もしない、何もない生活に満足しているように見えるから。

歳を経る、老いるということはそういう事なのだろう。若さがなぜ尊いのかやっとわかったような気がした。
先がある。未来があると言う事は生き物にとって素晴らしいことなのだ。

歳をとると経済的ことよりも、むしろ膨大な時間を、主観的にどう有意義に過ごせばいいのかと言う事を
考えないといけない。そのためには、有意義な趣味というか時間潰しが必要になってくる。

それは、勉強がいいのでは?と最近思うようになってきた。語学や、楽器、数学やプログラミングでも
良いだろう。それらの本を買って学習するための時間は死ぬまであるだろう。適当に目標を作ってやれば
良い。個人的には、電子工作で、自動水耕栽培システムなどを開発して、自宅で手をかけず、盆栽や
香草などを育ててみたいという思いが最近ある。
ビールや酒の醸造なども良いと思う。料理も良い。
それらを小商い的にやって、社会とのつながりを持つのも良い。そんな感じで後半の人生を
過ごせればうれしい。
 本当は自分の子供を育ててみたいかな。正直なところ。。

そのものがありふれると、そのものは価値がなくなる。そしてその先の別の価値 [アンテナ]

昔ほど、日本では車や電化製品などのもの作りがもてはやされなくなった。
ごくありふれたものだし、台湾、韓国、中国でも作ることができるようになったし、それによって値段も下がり皆が持てるようになったからだ。そうやってありふれたものに対して人はあまり価値を置かなくなる。

昔、食糧を生産する技術がそんなに発達してない時は、農業は今よりずっと尊い仕事だったと思う。
士農工商と言って、侍の次にえらいのは農民だった。そしてそれを加工する職人と、それを右から
左に流して(流通させて)その利鞘を取る商人という階級。

しかし今は農業や、工業の時代は過ぎ、商業、金融や、流通やサービス。お金を取り扱う人間が
クールだと思われている風潮がある。
食べ物、衣服、PCや車などが皆に廉価で行き渡ると、それに携わる人間は買い叩かれるし、その職業
をかっこいいと誰も思わなくなってしまう。

次はなんだろう? メディアや、アートなどクリエイティブな仕事、もしくは情報に関する仕事か。
彼らは他の人々より、多くの情報を持ち、それを知識やセンスなどに還元して欲しい物と交換する。
持ってない人にとっては、彼らのセンスや知識は高価なものなので、それを切り売りしたり、上手く
売れば彼らはその時代の寵児となれる。今現にそうなっているかも。

そしてこれからは過程の話だけど、それらのアートや情報知識も、今の農業作物や、デフレによって、
廉価に獲得できるPCや車ぐらいの価値になってしまったらどうなるだろう?
そう、欲しい情報は皆一瞬でアクセスでき、その情報や知識を十分流暢に取り扱えれば?

皆どこのレストランが旨いか?どの服が安くてよいか?を知っていれば、ダメな店はすぐに淘汰されるだ
ろう。後に残るのは個人の嗜好の違いだけかもしれない。とにかく、情報や知識やセンスが今ほど
価値がなくなったらどうなるだろう。

例えるなら、今の日本人がアメリカ人やフランス人たちの文化に対してもう十二分に理解し、咀嚼し、
彼らの事は十分に理解し、それが彼らにとってもお互い様だとしたら、彼らからもらうものもないし、
こちらがあげる情報、知識、ノウハウも十分にシェアされなくなった状態だ。

その先には何があるだろうか?
僕は、価値や権威を形作るもの。。。。宗教の時代が来ると思う。
核により、僕らは究極的には暴力という選択肢はもうなくなった。金でリソースはやり取りする。
皆がリソースをシェアするほど豊かになった後。そのあとの話だ。



お金と宗教 [アンテナ]

お金と宗教は、人間と動物を分けている、大きい違い。
2つとも、多くの人間がその価値と存在を信じる事で、より強いものになる。

神様を信じない人も、お金は信じている。価値を実感しやすいのはお金の方だから。
でもそのお金で服を買ったり、車を買ったり。便利と思っている事や、美しい、快いという
心の動きは、何によって決めているのだろう。

それが高度かしたり、抽象化したものの一つというか一番大きなものが、宗教や権威だろう。
その上の方の人が価値を決める。お金を刷るのも、流通するのも彼ら。
システムってやつだ。

そこから遠ざかったり、疎遠になるのは野蛮で未開で、不幸だと感じてしまうのも人の心。
動物はそう思うのか。人よりは無関心に思える。

動物の本能を起点として、宗教は人の行動や規範や価値観を制御する。
お金もその一部のような気がする。お金の価値と権威を信じる人は進んで
それらをより沢山持とうとする。それ自体は本能に直結している。上手い仕組みだよね。

それだけっす

no creative no life ( part II ) [アンテナ]

クリエイティブ か? そうでなくては NO LIFEだ。

多分これが 今のアメリカの現状を少しだけ物語っていると思う。
スポーツ・エリート。スポーツは本来産業の何の役にも立っていない。全くの娯楽だ。

コメディアン・映画俳優・小説家、これらも水商売だ。衣食住や、輸送、小売など、一切関係ない。
なくても生きていける。

しかし、彼らの居ない生活は、非文化的で、楽しくない。

クリエイターという人は、そう云う文化的なものをマネタイズしていくことが出来る人かもしれない。
料理とファックは、生きるための必需品から、娯楽へと姿を変えた。芸術的な料理を作る職人達は、
TVやメディアでは、セレブとして取り扱われ、羨望を浴びる。

ファック産業もそうだ。AVや各種風俗、フィジカルなものも、会話だけのものや、シュチュエーション
を伴うもの、各種お好きに選べますという状況だ。

トイレでは、ウオシュレット。お風呂でTV。通勤中にIPHONDEで、音楽鑑賞、英語の勉強、落語を
聴く、など、時間がいくらあっても足らない。

それら音楽、ウオシュレットという発想、芸術的な料理や、いかなるマニアックな欲望にも応えようとする
ファック産業。これらは豊かな社会でこそ実現できる。

その中で、事務処理、プログラミング、配達、販売など、ルーチンワークをする人間は、尊敬もされない。
この社会では、クリエイティブでない人間はカースト制度の最下層に屠られる。

クリエィティブな人間を作ることは難しい。上からのお仕着せや、訓練、トレーニングでは、身につかない。
だからといって、自由放任で、ほったらかすと、サルの惑星になってしまう。

この社会では、飢えて死ぬことは無い。寒くて、暑くて死ぬことも無い。選ばなければ、仕事は必ずあり、
清潔で、必要十分な生活ができる。100年前では想像もできないくらいの。

しかし、それで人々は必ず満足しないだろう。相対的に自分より豊かな人間を見てしまうと人は居ても
たっても居られなくなってしまうからだ。






No creative No life [アンテナ]

僕のキャリアを、手短に言うと、FPGAエンジニア(マイコン含む)である。
僕の知識の根っこは、デジタル回路である。
羅列すると、
 2進数を用いた体系の知識
 CMOS回路の知識と応用
 色々なチップについての知識 コンデンサ、コイル、アンプ、や、どうつなぐか?
  プルアップ、ダウンしないといけないとか、そういうトランジスタ技術で載ってるような
  知識は多分人並みに持っている。

デジタル回路論 これには2進数、フリップフロップ、ゲートを使った回路(ミーリとムーアとか)
  真理値表を用いながらの状態遷移機械の実装などか。

実務でこれらを使った事はないが、学校ではこういうことを習った。

また、マイコンやメモリなども結構詳しい。

しかし これらのキャリアが今後、とても社会に必要とされているとはあまり思えなくなってきた。
根っこの知識は、応用可能だが、そのまま活かすことができた今までとは違うだろう。

パナソニックやシャープが壊滅的な赤字を計上している。ソニーは8年連続TV部門が赤字。
そのかわりの韓国勢は、大変勢いが良い。昔の日米対比のような構図である。

アメリカはものづくりを捨て、知識を価値とする経済体系を創り上げた。脱工業化社会をいち早く
立ち上げたのだ。また、音楽や映画など娯楽もアメリカはずば抜けている。僕はアメリカのファッション
(DKNYやカルバンクライン)も好きだ。ヒップホップやジャズなどの黒人音楽も好きだ。
なんだかんだ言ってもアメリカの映画は面白い。奥も深い。見る価値がある。

彼らは、工場などは新興国に譲ってしまったのだ。彼らは、英語とアメリカ文化を背景に、優秀な学生
を集め、大学に留学生として放り込み、彼らをアメリカに住まわせ、彼らにクリエイティブな仕事をさせる。

研究開発、セクシーなプロダクトの企画、新しい娯楽の創出。グーグルや、アップル、UNIXはアメリカ
でしか生まれなかっただろう。

ひるがえって日本である。日本の現行の文化といえば、なかなか充実していると思う。

まず、漫画。僕はドラゴンボールや聖闘士星矢などジャンプのど真ん中世代であり、このころの
漫画は他をぶっちぎっていた。僕ら世代の共通の言葉であり、教養ですらあった。
ゲームもしかりだ。任天堂、セガ、そしてプレステのソニーとみつどもえ。そこにPCゲームもあり、
百花繚乱だった。一つ一つのソフトのことを語りだすと、いくら語ってもきりがないくらいだ。

大人になったらなったで、僕はディスコやクラブに繰り出すようになった。そこでレゲエや、ヒップホップ
に出会った。しかし、これは欧米からの借り物であったような気がする。しかし時間が立つにつれ、それは
あんぱんやたらこスパのように日本ナイズされていった。

インターネットも最初は、アカデミックな堅苦しいものから、始まり、そして、無修正のエロ画像や動画が
観れるお手軽なメディアとして、爆発的に広がったような印象を持っている。そこから、学校のレポートの
資料集め。ホームページでの自己主張や仲間探し、それから2chなどの掲示板などの流れから、
ブログ・ツイッターあたりで落ち着きを見せ始めた(個人的には)

アマゾンは、洋書をサクッと買えるという便利さを、学校の先生や同僚に教えてもらい、その便利さと
イノベーション具合を痛感したものだ。

話が発散してきたが、利便性と退屈を嫌悪する貪欲さがあるかぎり、人はどこまでもクリエイティブになる。
マネタイズできないのは残念だが、仕事など選ばなければあるじゃあないか。


ドラッガー流に恋愛をマネジメント [アンテナ]

1.既存の物は、必ず陳腐化する。
  だから、体系的に捨てていく。

2.常に顧客(相手)を見る。
  僕の彼女は、前の彼氏を忘れる為の「つなぎ」として
  僕と付き合ったとのこと。それでも一応選ばれたわけだし、
  その事をベースにして、事を進めたかった。

3.能力がなくてもよいが、真摯さがないものは、去るのみ。

4.組織論。相手の人間関係。コスト論。相手が何がほしいのか。
  相手の状況。相手のしてほしいことをする。


地震 部外者より [アンテナ]

僕の彼女の家族は東北に住んでいて、被害にあった。
僕はその時旅行に行っていた。のんきすぎる。

そのことで、今めちゃ怒られている。
そりゃそうだ。

でも出来ることを、僕の出来ることを、今こそ冷静に、やるしかない。
僕も生活で精一杯だ。余裕の無い人間なんだ。

それがわかった。でもなんとか役に立ちたい。

セッティングは大事 [アンテナ]

僕の恋人は、お腹が減ってないのに、何かを食べようとする。

また、食事を調理してる最中に、ポテチを食べている。え~、それは、いかんやろ~。
と思う。何でもそう。イベントや予定を遂行する際には、セッティングが大事だと思う。

1.仕事の前は、睡眠を十分に取る。
2.美味しい食事をするときは、お腹を十分に減らせる。
  また食事は、場所、一緒に食べる人、時間など、も重要なセッティング条件。
3.お酒を飲む席の前には、休肝しておく。(2日以上)
4.雨や、気温など、の天候も重要なセッティングだと思う。とても大事。
  これからは無視しない。

5.勉強や趣味に没頭するときも、集中力、好奇心、場所、時間(期間)など、
 とてもセッティング指向の行動だと思う。
6.SEXもね。何日か自慰などはしないでおく。また場所、体調、気持ち、相手との
 良好な関係性など。セッティングが最重要じゃないだろうか。


世に出る without 東京 [アンテナ]

今までは、色々な意味で世に出るためには、東京に出る必要が
会ったと思う。

これを 壊したい。 お笑いなら関西でも行ける。でもお笑いじゃない。
色々な事を、変える必要があるなら、これならイケそうじゃない。

世に出るためには、一番インパクトの効果がある場所を選ぶべきだ。
みなそうして、殺到している。レッドオーシャンじゃないのか ?

まあ、1.8流~2.2流のやり方だと、それをあえて、「外す」べきかもね。
大阪、名古屋、仙台、博多、沖縄、札幌、はたまた、日本海側。
ソウル、台北、上海、いろいろいけそうだね。軸とか、重心をずらそう。

向いている方向を変えよう、今までの優先順位を変えよう。

「斜めから物を見よう」 アンチで行こう。 悪童でね。旅人でいこう。
多数派を無視しよう。  皆に気付かれないようにね。 これみよがしじゃなくね。
皮肉屋チックにね。

でも、それに疲れたら、だめだよ。楽しんでね。もちろん。
快楽に貪欲にね。 まわりの人間を大事にね。 両立させよう。欲張ろう。

ゆるい目標を持ってね。 
前の10件 | - アンテナ ブログトップ