So-net無料ブログ作成

最近 古本マンガにはまっております。 [読書]

昔よく読んだ本(漫画)をまた買って読んでる

1.ナニワ金融伝  これは、読むのは今回が初めて面白い

2.徳弘正也関連  バンパイアを読んでる。エロと泣かせの絶妙なブレンド。上手い

3.バオー&BT 荒木飛呂彦 懐かしい。作風はぶれなし。手品的トリックが好きみたい。
  絵がらは、手塚治虫、白土三平、石ノ森章太郎を足して割ったような感じかな。

4.天然少女萬 これは、面白かった。バトルシーンの爽快さ。お色気。疾走感というのでしょうか。
  こしばてつやには、もう一度このレベルの作品を書いてもらいたい。お願いします。

5.OneZeroNine。 江川達也。ゴールデンボーイとか、ラストマンとかその系譜。
   説教臭いが、言わんとしていることは、一貫してる。でもじゃあ、どうしろと
  いうのって感じ。あんたの言うことを聞いたら、それはそれでエライ大変やし、ありえんやろ!

読書、今年のノルマ [読書]

1.必ず読みたいのが
 聖書、白鯨、シェークスピア、そして史記(横山光輝版でゆるしてほしい)

2.つまり古典を突破するという事でございます。

3.あとは、川端康成のなにかと、夏目漱石かね。

4.バルザックとディケンズも攻めたいっす。

これらを読めれば、読書ノルマ、完遂ということで。

5.あと、技術書や、英語の原書も挑戦できればモアベター

細野不二彦 MAMA [読書]

今日は、ブックオフもどき(ツタヤ二階)で立ち読み

久々にタイトルの本を読んだ。

僕は佐倉の方が好きだ。好感が持てる。

でも、女の子の方から、モーションをかけてくるタイプは、
別れもまた、女の子のほうから切り出してくる。

僕の経験ではそうだ。

らも - 中島らもとの三十五年 - [読書]

面白かった。奥さんの美代子さんが書いたものだ。
奥さんから見た中島らも氏の全てを暴露している内容だ。

あまりの放埓ぶりに、少し唖然とする箇所もあるが、当の二人は強い絆で
結ばれていたようだ。
モラルや規範を省みるなよう二人ではない。しかし、そこに真実がある。

阪神間の文化的な雰囲気も良く出ていた。村上春樹や灘高校、手塚治虫などあの地区には 独特の上品で瀟洒で進歩的な文化がある。その中で青春を過ごすとこれくらい自由な思考になるのかとたまげた。僕の生まれ育った場所は土俗的で、慣習から抜けられない世間に支配された場所だった
ので。。。

らも氏の飄々とした趣は、既存の濃い関西イメージのステロタイプを打ち破った。
彼が声高にそれを口にしたことは無い。彼は一歩引いたシニカルな視点で、
しかし、真剣に皆をからかっていた。


へうげもの -山田芳裕- 出世か数寄か。。。 [読書]

説明は適当にwikiやgoogleで調べてください。
漫画を集めるなんて、久しぶりです。

僕も数寄者になりたいです。冗談ではなく心からそう思います。
僕もどちらかというと、派手で奢侈なものよりは、質実剛健かつ
侘びのエッセンスが入った「渋い」もの数寄です。

この漫画を読んで、自分の嗜好(思考、志向)しているものが明確になりました。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。