So-net無料ブログ作成

勉強2.0 向上とかでなく、時間潰しとしての勉強 [アンテナ]

うちの両親は、定年退職して、余暇ができた。定年前は、旅行に行きたい。
そば打ち道場に弟子入りして、そば打ちがしたい。お遍路行きたいなどなど言っていた。
しかし、いざ退職して、膨大な余暇を得たものの、大いにもてあまし、そして結局何もせず、
TVにくぎ付けになり、近所をうろつくだけで終わってしまっている。

体力および、気力が衰えてしまったのだろう。もう、やりたいことがなくなった。もしくはやりたい事が
あったのだけど、もはややりたくなくなってしまったのだ。生活に満足して悔いがなくなったのかもしれない。
なぜなら、そのような何もしない、何もない生活に満足しているように見えるから。

歳を経る、老いるということはそういう事なのだろう。若さがなぜ尊いのかやっとわかったような気がした。
先がある。未来があると言う事は生き物にとって素晴らしいことなのだ。

歳をとると経済的ことよりも、むしろ膨大な時間を、主観的にどう有意義に過ごせばいいのかと言う事を
考えないといけない。そのためには、有意義な趣味というか時間潰しが必要になってくる。

それは、勉強がいいのでは?と最近思うようになってきた。語学や、楽器、数学やプログラミングでも
良いだろう。それらの本を買って学習するための時間は死ぬまであるだろう。適当に目標を作ってやれば
良い。個人的には、電子工作で、自動水耕栽培システムなどを開発して、自宅で手をかけず、盆栽や
香草などを育ててみたいという思いが最近ある。
ビールや酒の醸造なども良いと思う。料理も良い。
それらを小商い的にやって、社会とのつながりを持つのも良い。そんな感じで後半の人生を
過ごせればうれしい。
 本当は自分の子供を育ててみたいかな。正直なところ。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0