So-net無料ブログ作成
検索選択

質素イノベーションとしてのレゲエ [マネー]

レゲエはジャマイカという、経済的に見ると、顧みられない国で生まれた。
レゲエは、先進国のアメリカ黒人ではなく、遅れた貧乏な黒人の国ジャマイカで生まれた。

レゲエの発端は、ラジオから聞こえてくる遠い国アメリカからのR&Bだった。
電波の悪い場所で、それを必死にコピーし、彼らは娯楽に取り入れた。

彼らは踊ることが好きだった。キツく、希望の無い労働の後に酒を飲み、
綺麗な若い女性が尻を振りながら踊るのを見つつ、自分も踊れば、人生の苦役の
幾ばくかは霧散すると考えているはずだ(僕もそう考えるからね)

それから何年か時は流れた。彼らは大きいスピーカも自らの手で作り、週末ともなれば
それを盛り場に来るまで運び、サーカス式の移動ディスコを開催した。

そこで踊るための音楽を、彼らは競って作っていった。
ある聡明な若者は、日本の廉価なシンセサイザーを使って、打ち込みの
単純だが中毒性のある、リズムを創りだした。彼らはそれをリディムと呼んだ。

同一のリディムに様々な、音楽家が歌声や、トースティングと呼ばれる即興の
合いの手を入れるものが現れた。その合いの手は、人気をはくし、その合いの手
だけで、歌なしのレコードも作られるようになった。

そのリディムと、リズムに乗せた、韻が踏まれた、心憎い合いの手が、観衆に大いに
受けた。

手作りのスピーカ
②先進国の人気曲のカバー
③同一の中毒性のあるオケ(リディム)
④そして、ひねりのあるトースティング

これがレゲエの4つの要素だ。これが80年代ごろ完成された。今でも健在だ。
なぜなら、完成度が高く、敷居が低いからだ。誰でも理解できるが、なかなか真似
できない。

イノベーションは、場末の場所で、誰からも顧みられない人々がひっそりと起こす。
それは、自己顕示欲のためではなく、自分自身のみみっちい生活が何ミリかでも向上
させるためにだ。

それだけだ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。