So-net無料ブログ作成
検索選択

格安生活圏は質素イノベーション [アンテナ]

chikirin の日記のパクリなのだが、大都市の郊外にそういう地区を作る話。
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20081125

これは、エコノミストでも乗っていた、新興国の「質素イノベーション」と組み合わせれば、
地方の過疎地も復活できるかもしれません。

田舎の良さは、「自然」「安く住める」
悪さは、「退屈」「仕事が無い」「交通の不便さ」 などか。

例えば、バスターミナルを作る(鉄道より格安)。使うバスは、中古のマイクロバス。
これなら、運転手も、免許も普通の免許(中型?)でいけるし、そもそも田舎の人は、
車持ってるしね。でも、各都市、空港や、駅などのプラットフォームへのアクセス
格安で、用意してあげれば、田舎の生活もそこそこ快適になるし、お金もかからない。

今はインターネットもあるので、珍しいものも取り寄せられる。
お店も、ブックオフとか、都会の中古品を大量に田舎に持ってくる。
家具も、何もかもだ。田舎はそれで良い。問題は、プライドとか尊厳か。
洋服もそれで良い。都会の人間が、奢侈に耽れば良いんだ。

後は、産業だが、今まで、新興国に取られていた、コールセンターや、
工場も、人件費を下げれば、また帰ってくる。また格安で日本語
教えたりする、簡易学校と工場を組み合わせたり、介護ビジネスなど。

田舎の人は、都会のコンサル・ファームなどの、豪腕を積極的に招くべきだ。
地方は、田舎は、目先を変えれば、快適で、楽しく、意義深い人生が送れるし、
都会より劣って無いことも証明してほしい。

僕も、小さい街で、生まれ育った人間だから。無知蒙昧でいないで、ネットと、質素イノベーション
で光り輝いてほしい。

それだけだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。